前へ
次へ

切手を大量に買取りしてもらい現金を手にする

いらなくなった切手を大量に持っているなら、切手買取を行ってくれる専門のお店に買取を依頼しましょう。シ

more

ひそかなブームで高く売れる中国切手

切手は美術品の一種であり高く売ることができます。しかしどんな切手でも高く売れるかというとそんなことは

more

価値が分からなくても売りに出す

占領され、1972年の本土復帰までの間にも、切手は発行されています。日本の歴史を感じさせる内容が、絵

more

子供たちにも関心を持ってもらう工夫

有名な絵画切手、絵画について解説付きのコレクションアルバムを持ち込んだご婦人がいらっしゃいます。切手を集めるだけでなく、画家の生い立ち、時代背景なども含め、楽しめる内容を評価するのも切手買取を行う業者の特徴です。切手コレクション、アルバムなどは、美術アートのように扱われているようでした。切手買取店には、初日カバーも収集家から人気を集めています。昭和から平成まで、大量・セットで買取してくれます。切手の楽しみ方、作品を鑑賞したり、郵便切手文化の理解を深めることができることからも人気のようでした。最近では買取するだけでなく、世界でも珍しい郵趣の専門ショップとして、交流の場にもなっています。ギャラリーが開設されていたり、買取不可となる汚れや折れ、切れた切手を使い、貼り絵アートを開催したり、処分せずに使うこともあるようです。こうした催しは、切手ブームを知らない子供の興味を深めさせることにも繋げているようでした。ですから、社会、歴史に関心のない子供たち、例えば、日本初となる年賀切手が昭和11年に発行されています。世界文化遺産に登録された富士の山の図柄が描かれています。額面は一銭五厘、プレミア切手として子供たちにも閲覧できるよう、ギャラリーで展示されています。

none

Page Top